2016年11月20日

えびす講

DSC_0008.JPGDSC_0009.JPG

Wikipedia「えびす講」を調べてみた

漁師や商人が集団で祭祀をおこなう信仰結社的な意味合いもあるが、
えびす講は各家庭内での祭祀の意味も持つ。

東日本では家庭内祭祀の意味合いが強く、
また東日本では商業漁業の神としてのみならず

農業神として崇める傾向が西日本よりも顕著である。
地域によっては1月のえびす講を商人えびす、10月のを百姓えびすと呼ぶこともある。

と言う事で〜晩飯は「えびす講」のお料理です
「煮物」「なます」「お桜ごはん」

明日も残りの煮物が続くのかな???

posted by maro at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。